第1条(名称)
本会は「おおさか河内材利用促進ネットワーク協議会」
(略称:OKネット http://www.ok-net.info/)とする。

第2条(所在)
本会の事務局は、大阪府森林組合ウッドベースかわちながのに置く。

第3条(目的)
本会は、大阪の山の再生と大阪の林業の振興をはかり地元材を使った真に健康な家づくりの輪を広げ、山と町、林業と消費者の身近な関係づくりをすすめ、大阪の山は都市にとつても大切な環境であり、地球温暖化防止に必要であることを知らせていくために、異なる立場の個人及び団体が、ネットワーク活動を通じて下記の活動を行う。

第4条(活動)
本会は前条の目的を達成するために次の活動を行う。

  1. 広く大阪府民におおさか河内材の宣伝・普及をはかる。
  2. 地元材活用を広げるための提言・施策づくりを行なう。
  3. 森林に親しみ、大阪の木にふれ、林業を身近に感じられる取り組みをすすめる。
  4. 無垢の木や自然素材で創る家づくりこそ、真に健康な住まいであることをアピールしていく
  5. 無垢の木や自然素材を使った家創りを継承・普及していくための人材育成をすすめる。
  6. 無垢の木で創る家づくりを発展させるための研究・交流をはかる。
  7. おおさか河内材のプランド化をはかる。そのために品質の向上、規格明示、品質表示等による商品化をはかる。

第5条(会員)
本会の目的に賛同し会費を納入した者を会員とし、正会員、友の会会員、賛助会員からなる。会員となるためには当会の定める様式に申込をして運営委員長の承認を得るものとする。
正会員(会運営活動に参加の方)
友の会会員     
賛 助 会員(住宅関係メーカー等)

第6条(役員)
   本会に次の役員を置く。

運営委員長
1名
  副運営委員長 
2名
  運営委員
5名〜10名
  監査
2名
  事務局長
1名

第7条(役員の任務と選出方法)

  1. 運営委員長、副運営委員長は、運営委員の互選によって選出され、本会を代表する。
  2. 運営委員は、会員の中より推薦され、総会での承認を受け、本会の運営に当たる。
  3. 監査は、運営委員会が委嘱し、本会の会務・会計を監査する。
  4. 事務局長は、運営委員会が委嘱し、本会の運営を執行する。

第8条(任期)
役員の任期は2年とする。ただし再任を妨げない。

第9条(会議)

  1. 本会の総会は毎年1回開催し、事業報告並びに決算報告を行う。
  2. 運営委員会は年3〜4回開催され、会務について協議、決定する。

第10条(経費)
本会の経費は会費、活動収入、助成金、寄付金その他の収入をもってこれに当てる。

第11条(会費)
年会費は、正会員一口12,000円、友の会会員一口1,000円、賛助会員一口12,000円以上とし、各自が応分の口数を分担する。

第12条(会計・決算)
事務局にて会計を担当し、運営委員会の決議により監査を経て、総会にて決算報告を行う。
なお会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月末日に終わる。

第13条(会則の変更)
会則の変更、追加は運営委員の3分の2以上の同意をもって行うことができる。

平成18年6月2日 改訂

(おおさか河内材利用推進ネットワーク協議会)>会則

目的や活動のきまりごとです。

このページのトップへ